人生は風のように、雲のように流れるもの
一瞬の感情に執着されるか(Noh Jesu『大和魂』より)


−生きることが、音のように繋がりますように・・・

そんな願いを込めた、日々の出会いの記録です♪
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
『在り方』をみせる仕事
昨日、ご報告した
TPP〜Together for Peace Power〜2015
の裏側の話を
今日から書いていきたいと思います。

1日目の13日の話。

今年のTPPのグランドテーマ『融合していく平和』は残しつつ
1日目のテーマは「共鳴」。

日韓交流のアートパフォーマンス

トークライブ

それぞれに「融合」のテーマはありつつ、
今日は、アートパフォーマンスの裏話。

今回は、日韓の様々な奏者や舞踏家さんなどの「融合」
この方たちの合わせ稽古は、
前日12日に初めて行われました。

その時には、まだ楽譜をもらっていない、
という方もいて、
ちょっとビックリ!

数時間の練習(合わせ)で、
当日の演奏が決まっていく。

その場で、
どのように自分の楽器が入るのか。
お互いを引き立てるために、
どんな形で「融合」させていくのか。

様々なプロの仕事を拝見しました。

その演奏や踊りが一流であることは当然かもしれない。

私が今回のプロの方々のセッションをみて
感じたことは、
「プロ」ということをみせるのではなく、
『姿勢・態度』をみせるのだ、
ということを感じました。

ちょっと抽象的かもしれないけど、
その道を追求した結果、
そこにあるのは、
自信感と抱擁
何をも
どんなお題をも
どんな問題をも
全部受け入れられるよ、
という暗黙の姿勢−

だから、
彼らは我が無い。

だから、
彼らは観る者すべてを引き付ける。

自然のメカニズムそのものだな、
と感じた私も
彼らに魅了された一人でした。


本番をご覧になったみなさまへ

当日、演奏された「ふるさと」は、
前日のリハーサルの時に
アレンジがなされました。

そこで交わされていた言葉は、
「タンタン タタタン…」
みたいなリズム音だけ。
これは、太鼓のリズムなんですけど。

最初は、何の演奏かわからないような入りで、
琴の音色で「ふるさと」がわかり、
次に
笛と太鼓で“ジャズ”風に。
和風なジャズセッションがとてもかっこよかったです。

そんな
その場の雰囲気が
本当に感動でした。

プロは、
どこまでも新しいものを創造することができるんだ、
と感じました。


『在り方』という
姿勢・態度をみせられる
本当のプロの仕事をしていきたいと思った
裏をみせてもらえた感動でした。

明日は、
2日目の裏話。
お楽しみに♪
| 23:08 | Happy Life♪ | comments(0) | trackbacks(0) |
TPP〜Together for Peace Power2015開催のお礼
少しご報告が遅くなりましたが、
6月の13日14日の2日間に渡り、
NPO法人PBLS主催
第14回
TPP〜Together for Peace Power〜2015が
大盛況の中、開催されました。

日頃、PBLSの活動にご理解いただき、
ご協力・ご尽力いただいているみなさまのおかげです。
改めて感謝申し上げます。

今回は、2日間に渡り、様々な役で携わらせていただきました。

1日目は
アシスタントディレクターとして、
プロの方々の姿勢・態度を
間近で勉強させていただきました。

2日目は
司会として、
場を進行していく上で全体を把握することの必要性を感じ
中々難しい役どころを勉強させていただきました。

また、
私の観点からみた開催報告もさせていただきますね。

内容に関しても具体的に書きたいので
続きは明日に。

NPO法人PBLSのHPにも
開催報告が載っています。
ぜひ、こちらをご覧ください。

TPP〜Together for Peace Power〜2015開催報告

来年は15年目を迎えます。
さらに大きなPeace Powerを創っていけることを願っています。
 
| 23:53 | event・seminar | comments(0) | trackbacks(0) |
映画『マトリックス』にみるこの現実のリアル
かなり
またご無沙汰になり、
草がたくさん生えた畑のようなブログになっていました。

2015年が始まり、
もう折り返しの半年が過ぎようとしています。

6月は、
私にとって、新たな年のスタートでもあります。

6月が始まって、
もう20日も過ぎてしまったけど、
たくさんお伝えしたい!
と思うことがあり、
自分の歴史の1ページとして、
少しずつブログに記録していこうと思う
再開の第1弾です。

今日は、久しぶりにご紹介したいブログのコーナーです。
(そんなコーナーはないですが…)


6月の最初の土日
すごい実験結果の論文が発表されたのをご存じでしょうか?

この現実に対する観方
自分自身に対する観方
人間に対する観方…

そういった今まで『当然』と思っていた大前提が
覆されるだろう出来事にもなってくる実験結果です。

「マトリックス」という映画をご存じでしょうか?
私は今年に入って特にこの映画がおもしろい!
と思うようになるくらい好きな映画です。

この現実は何なのか?

今の人類が進んでいる「ロボット」技術にもつながってくる
人類の最終戦争がスタートしています。
(このことについてもシェアしたい!)

私たちが
「存在しているのが当たり前」
という大前提が当たり前じゃないとしたら?

この現実は何なの?

有るのが当たり前ではないとするなら、
無いの?

そうなんです!

「無い」のが当たり前ということが
科学の実験結果から実証されているんです。

実際は、科学者たちも
この現実、自分自身が無いということを
大前提にするまで言い切れないのですが。

そんな背景も含め、
今回の実験結果とは?
「無い」のが当たり前の世界とは?
実際のリアルとは?…

ということがわかりやすく書いてあるブログがこちら
内海昭徳さんの『観術総合研究所
6/10のブログ
NRグループの未来パラダイム創造への挑戦
宇宙は「無い」という真実が当たり前になる時代へ


とても美しい文章を書かれる内海さんのブログです。
難しいと感じる物理科学の世界も
スラスラ読めるカモ!?

ぜひ、ご一読あれ♪
 
| 23:24 | Happy Blog | comments(0) | trackbacks(0) |
多様性を活かす世界
今日は
少し箸休めならぬ
テーマ休み?


私は、
アーティストさんが
歌うcover曲が好きです。

原曲のアーティストさんへの
尊敬・敬意をしながら、
coverする側のアーティストさんの
オリジナリティがしっかり入っている。
本人の歌のようになっている。

また、
新しい解釈・観点で
歌っているのがわかる。

原曲を歌う歌い手さんに
かなりの思い入れがあったら、
別の人が歌うだけで、
かなりの違和感があるとおもうけど…

一つの世に生み出された
作品を
多様な角度
多彩な観点で
楽しむことができる。

多様性が活かされる
一つの例だと感じてます。


“多様性が活かされる”
その世界を創るためには、
全てを生み出している
究極のシンプル一つを
知ること。

相対性の中の絶対は
存在できない。

絶対性の一つ。

その一つを
“理解”できる
ことが重要!!

今からの時代は、
“絶対”の世界が当たり前になります。

それができるようになる
技術、道具が開発されています!

なぜ、その世界を
知ることができなかったのか、
ということも含めて
書いていきたいと思います。

 
| 23:06 | Happy Life♪ | comments(0) | trackbacks(0) |
「侘び」の世界の奥ゆかしさ
北風の吹く
冬本番がやってきましたね。
暖かい春が来る前には、
必ず通過する冬。
季節の変わり目を感じられることもまた
楽しめる心があってこそのことですね。

前回の終わりに書いた通り、
今回は「侘び」について
書いてみようと思います。

「侘び」とは
本来「わぶ」の名詞で
「わびしい」と形容するように
元々は、
現代ようなイメージでは
なかったようですね。

その「侘び」の世界を
奥ゆかしいイメージに
変わったのは、
やはり
千利休の茶の道からであったようです。

「わびしい」という形容から
貧しいというイメージではなく、
簡素に、質素に
つまり、
これ以上何も削ることができない
究極の世界につながったのではないでしょうか。

どれだけ究極のシンプルに
近づけるか。

自らの心も
シンプルな状態に置いておくことができるのか。

侍がいつも
どんな心の状態で戦うのか、
そのことがわかれば、
そんな時代に
なぜ、茶の道が
天下人と同等の力をもつことができるのか、
ということが理解できます。

究極のシンプルな心の状態とは何か。
その世界とは?

そこからみる「侘び」のイメージとは
どんな世界なのか、
ということを
書いていきたいと思います。

お楽しみに!

 
| 23:44 | Happy Blog | comments(0) | trackbacks(0) |